2017年03月14日

国土讃歌のモニュメント

「君の名は。」の舞台は岐阜県だそうです。
飛騨地方にある古川町の葦嶽山は超古代のピラミッドであると言います。
神々はその昔、船山・位山でサミットを開き日本国の長を決めたと言います。
だからでしょうか、大嘗祭では位山の一位の木が使われるようです。

この辺りは飛騨高天原と言われ、神代文字が刻まれた岩石が無数にあり、古代ロマンの宝庫です。

強力な磁場を持つアララギ湖畔に、水晶を多く含んだ花崗岩で複数のモニュメントを設置しました。
その中の一つには天と地と人が合体したとき、あなたが発する強靭な願いが石のエネルギーをさらに放出させ、磐座の室の天井にある金属の歯車をも動かす事が出来るようにしてあります(岐阜県高山市)。

あなたの知らなかった、あなたを発見出来る事を願いながら制作をしました。

国生みの御祭神の神社がある滋賀県多賀町の「叶う・しあわせ」は、安井金比羅宮「悪縁切り良縁結び」とは異なるパワーの体感が出来ます。

参照 山田光造の画歴
posted by mitsuzo at 14:34| Comment(0) | 創作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


Copyright © since 2005 MITSUZO YAMADA All Rights Reserved.