2015年01月28日

春告げる草花

春告げる草花

私の庭で最初に芽を出した草を、「春告げる草花」と申しています。

今年は、屋外のアトリエ、「三観院」の東側の角で出会いました。

数年前の台風で倒れた、樹齢数百年の柿の樹の幹元のくぼみです。

残念ですが、名前は勉強不足です。

白に近い薄緑色の頭は、世情の数々も吸収しているようです。

家族全員が、「心ゆさぶられた」光景の一つです。

新しい歴史の始まりです。

イヌフグリ、フキのトウ、すみれは、まだ見つかりません。

光造

 

posted by mitsuzo at 17:40| Comment(0) | 春夏秋冬

2015年01月25日

励ましを受けて居ります

励ましを受けて居ります

豊田の刻印が押された手紙には、

私ども博覧会協会のテーマ館として作られたグローバル・ハウスの為に、沢山の絵を展示して頂きましたことに改めて御礼申し上げます。先生の作品は国内外の賓客を迎えるに相応しいものです。

先生のような方が、豊田市のフレンドシップに対してもご理解を頂き、ご支援頂いていることは、誠に心強く喜びに堪えません。

愛・地球博を通じて繋がった世界の交流が、今後も末永く続くことを、私も願っております。

末筆ではございますが、先生の益々のご活躍とご健康をお祈り致します。まずは書中をもって御礼申し上げます。」の一節がありました。

2006年4月26日

財団法人2005年日本国際博覧会協会会長 トヨタ自動車株式会社取締役名誉会長 豊田章一郎さま

posted by mitsuzo at 17:39| Comment(0) | 創作

2015年01月23日

大切な人

大切な人 写真のような走り書きが見つかりました。

今日は、家内の何回目かのゼロ歳日です。

同居してくれている義母は、95歳で宝物です。

私を含め、家族は全員元気印です。

庭の紅梅・白梅・蠟梅は春告げる香りを出し、

胸の福与かな山鳩も一緒に幸せクック、ハピーバーズデ―です。

 

恋の歌、2015

私の母は、1月23日雪の降り注ぐ中で旅に出かけました。

私が中三の時です。

posted by mitsuzo at 18:57| Comment(0) | お知らせ

忘れえぬ人、鈴木セイ先生

忘れえぬ人、鈴木セイ先生

鈴木セイ先生は、社会福祉と人道主義を融合した福祉に生涯を投じられ「福祉の母」といわれました。

その施設については www.h-sawarabi.com で知って頂けます。

作曲家の服部良一先生は「セイ先生は、聖女」と称えられました。

先生の仕事に対して、今上天皇が皇太子殿下の時に同施設を訪問されています。

昭和51年に「吉川英治文化賞」が贈られています。

昭和54年、私は同施設の玄関前の高台の公園に、写真のような彫刻作品を創作し建立しました。

先生はお歳を召されてからも毎日その公園の掃除をされて大切にされていたそうです。

満98歳の先生は、平成23年の1月23日にお亡くなりになりました。 

さわらび療育園A

光造、美紀

posted by mitsuzo at 18:31| Comment(0) | 創作

2015年01月22日

多賀発 し・あ・わ・せ

多賀発しあわせの縁起絵「ハート、心」..

古事記には、多賀大社の由来が紹介されていて、

天照大神のご両親(いざなぎ、いざなみのおおかみ)がご祭神だそうです。

夫婦和合への良縁結びの元祖でしょう。

この街には私の石彫刻「多賀発し・あ・わ・せ」が御座います。

喜びの心は、いつもいつも自身の胸中に有ると言われています。

この度も、見本のような表現の手描きの「心・ハート」の頒布紹介をさせて頂きます。

ご案内の作品のご購入のお問い合わせは、1月28日より受け付けさせて頂きます。

一般社団法人 多賀観光協会

〒522−0341

滋賀県犬上郡多賀町多賀389−1

Tel/Fax 0749−48−1553

URL://www.taga-kannkou.com/

E-mail:taga-kannkou@iris.eonet.ne.jp 

多賀町ハート、1.22

縦約8センチX横約12センチ

posted by mitsuzo at 12:10| Comment(0) | 創作

2015年01月18日

励ましを受けて居ります

 

励ましを受けて居ります。

1月15日は元服の日です。これまでの応援して頂いた御方の言葉を背負い直して心身を正しました。

頂いたお言葉を随時紹介させて頂こうと思っています。

今年の年賀状にもギッシリと細かに活字で近況が知らされていました。

その余白に見慣れた優しい筆法で、

「富士は偉大です。貴兄同様に。」とありました。

目を疑いました。

幾度も幾度も、幾度も読み返しました。

あれっ、先生、字が滲んでいますよ〜〜〜。

1926年生まれの安井収蔵先生、有難う御座います。光造

新春の生け花、2015 1.18

posted by mitsuzo at 16:04| Comment(0) | 創作

2015年01月01日

あけましておめでとうございます

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

2015  1.1

山田光造、美紀

posted by mitsuzo at 14:07| Comment(0) | 春夏秋冬

Copyright © since 2005 MITSUZO YAMADA All Rights Reserved.